1. Top » 
  2. スポンサー広告 » 
  3. まぁ、色々あるわけでしたよ
  4. 第2部 「7人の猫侍」編  » 
  5. まぁ、色々あるわけでしたよ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Genre:

まぁ、色々あるわけでしたよ


チャーッラッ!チャーッラッ!チャラッ!!!

浪漫溢るる大正時代を駆け抜ける学生服。

ビリー小僧愛用のコルトと愛刀葛葉を腰に差し。

管から飛び出す魑魅魍魎。


第14代目、葛葉ライドウ推参ッッ!!!





から、何年かたちまして、続編が出たわけですが、なかなか楽しんでおります。


そういえば4gamerにMHFの開発の方とのインタビュー載ってましたね。

謎のクエストについて、色々かかれてますが、正直、人の写真を載せられても、運営に対する好感度が上がるわけでもなく。やっぱ金子一馬ぐらい顔がよくないとなぁ・・・(昔の攻略本見ればわかるけど、本当にカッコいい顔だったのです。今?どう見ても悪魔絵師です)


さて、それでは、長らくお待たせいたしました。疾風怒濤の便利屋狩人、髑髏の瞳が怪しく光る!!




アイルーの棲家は人間のそれとまでは言えなくとも非常に多い。砂漠ならば温度が一定に保たれている洞穴。火山の近くにも、アイルーやメラルーは生活している。ある意味人間よりもバイタリティーを感じる。




「よくいらっしゃってくださったニャ」

この老アイルーは、俺たちがやってきた村の村長らしい。

「お先についた方々は、本当にお強い方々ですニャ」

どうやら、俺たちがこの森丘の奥のさらに奥にあるアイルーたちの村には既に数回、モンスターによる襲撃があったようだ。そして、俺たちよりも先に着いたハンターたちは、それらを撃退していたらしい。


「便利屋さんも、どうぞですニャ」

ウォーミル麦で作った握り飯だった。白くてコメのような粒の真ん中に大きな縦一文字。

「ん、あぁ」

俺はそれを掴むと、口へ放り込む。中身は昆布だった。噛み応えがある。

「ん、うまいな」


「他の方は、どうぞ、こちらへ・・・」


俺以外の面子が、村の一角へ連れて行かれる。

「へ・・・?」

俺の意識は、そこで一旦途切れる・・・。




超展開、というものだろうか。気が付くと薄暗い地下の牢屋の中だった。広さといえば・・・猟団員用のあの衣装部屋・・・ぐらいといえば、わかるだろう。狭い。


「やっとおきやがったかニャ」


「俺はてっきり、今から村人たちで協力しながらモンスターと戦う展開を予想してたんだけどな」

「全く、まぬけなハンターだニャ」

隣の暗がりから、アイルーの声がする。

「キクチヨか」


「どうやらもう最初からはめられたようニャ!!あのジジイめ!!」

ジジイとは、カンベエのことだろうか。しかし・・・。

「スカルフェイスまで取られなかったのは僥倖か」

俺の顔には相変わらずスカルフェイスが収まっている。他の装備は外されている。もちろん、武器も。

「・・・死神スキルは?」

「しっかり、付いてるな。しかし・・・」

俺は顎のところを探る。

「ぉ・・・」

小さな針金が見つかる。供えあれば憂いなしってやつだ。


「頼む」

「ヘ?」

俺は、針金をキクチヨに差し出す。

「アイルーなら、いや、アイルーとメラルーのハーフなら余裕だろ」

そう、俺は実は事前に仲間にした6匹のアイルーメラルーの身辺調査とその飼い主へのご挨拶を済ませておいたのだ。


「お前だけだったぞ、飼い主の居ない野良は」

「う・・・」

「わざわざ、ご両親を探しに砂漠まで行った。元気そうだったな。タル爆弾を喰らった」


「ここからは協力しないとだめだ。だから隠しごとはなしでいこう」

俺は、スカルフェイスを外す。

「ニャ・・・・」

「面白い話をしてやろう」

「へ?」

「ある国に、一人の猟師の子が居た」

「その国は、巨大な龍に滅ぼされて、家族と共に故郷を追われた」

「猟師の子は、狩人を目指すため、たくさん、勉強した」

「そして、知ってしまったんだ」

「自分たちが、何によって故郷を追われたか。そして、それは誰かによる作為的なものであったことを」

「猟師の子は辛い経験を乗り越え、狩人になった」

「自分と同じ境遇の子供を集め、その子供たちを立派に育て上げた」


「にゃあ・・・それってまさか」

「そういう、誇り高いハンターを、俺は目指してる」

「へ?アンタのことじゃなかったのかニャ?」

「ミラボレアスが街を襲ったのは40年ぐらい前だぞ。年齢が合わないだろうが」

「にゃ・・・にゃあ?」

「そいじゃ、行くぜ。俺はまだ、死ぬわけにはいかんのでね」

「ちょ・・・自分で空けれるなら」

「頼むぜ、キクチヨ」




第4話「捕まる!」 完
スポンサーサイト

Comment

待ってました^^

スカルフェイスを外しただと!?
・・・(・Д・´;)ゴクリ

いったい便利屋の素顔とは・・・

  • アギト [#-] |
  • URL |
  • 2008 10/28 (Tue) 00:07

>>アギト さん

まだ君はそれに手を出してはいけないのですよ・・・。

  • Wolf [#ldSHJ4vM] |
  • URL |
  • 2008 10/28 (Tue) 21:56
  • Edit

素顔を見たものは7日間スカルで過ごさねば
死ぬとかなんとか

勝ち猫被ってても目線は隠れる辺りがニクイね!

  • すぴ [#h9v/wjng] |
  • URL |
  • 2008 10/29 (Wed) 17:22
  • Edit

>>最近追加された髪型も帽子がデフォなので気に入ってます。

イーリスSPに手を出さざるを得ないっ!!


あ、ラオ紅玉・・・

  • Wolf [#ldSHJ4vM] |
  • URL |
  • 2008 10/31 (Fri) 16:40
  • Edit
コメントフォーム
このエントリへコメントを書く
(任意)
(任意)
(任意)
(必須) HTMLタグは使用できません
(任意) ID生成と編集に使用します
(任意) 非公開コメントにする

Page Top

Trackback

Trackback URI
http://crimsonguner2.blog120.fc2.com/tb.php/100-0b710f34 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)

Page Top

プロフィール

MercedOne

Author:MercedOne
ライトボウガンしか使わない男です。

名前:Wolfsbane
サーバー:2
メイン武器:ライトボウガン

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

■ ブログ名:ゲームブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。