1. Top » 
  2. スポンサー広告 » 
  3. このブログは流行を取り入れています
  4. ハンター生活 » 
  5. このブログは流行を取り入れています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Genre:

このブログは流行を取り入れています


ネ申 の 金失 金追


ところでおまいら火事場と笛で倍率カンストしたアルギュの状態異常弾での一撃を何て呼んでる?
俺は神の鉄鎚って名付けてる

ガンナーズシティ1月13日 00:38:32  の書き込みより


モンスターが眠るとするじゃん
そこで弱点に匠+火事場+笛攻撃演奏でタメ3叩き込む事なんて呼んでる?

おれは神の鉄槌って呼んでる

剣士スレ1月13日02:59:05  の書き込みより


どちらもネット実況2板で書き込まれた奇妙な書き込みである。

別々ならばはっきり言って意味不明とも見えるこの書き込みは、奇妙な共通点が存在する。それは

「神の鉄鎚」という言葉である。

先に言っておくとブログのネタが慢性的に不足している私の自演ではないのでご了承を。

注意:意味不明です。

追記:読み直して文章がおかしかったので修正してます。


以下、さらに検証

神の鉄鎚。

まず、この書き込みは他の武器スレであるランス、片手剣、双剣、ハンマー、ガンランス、弓道部、笛、太刀スレすべてをチェックしたが

神の鉄鎚という言葉は書き込まれていなかったということを知っておかねばならない。

なぜ、ガンナーズシティと大剣スレだけだったのか。

他のスレを調べれば、見つかるのかもしれないがそんな労力は私には持ち合わせていない。

そしてIDを見ればわかることだが、この書き込みは同じ人物が書き込んだわけではないということだ。(ネカフェと無線LAN使ったノーパソ?そんなに価値のある書き込みじゃないだろう)


この二つの書き込みの違いについて考えてみよう。


まず、大剣の方だ。
 
 確かに、寝ているモンスターに最大限まで威力を高めた(どうせなら丸薬も使おうぜ)攻撃を叩き込むってこたーアレだ。そりゃとか言っちゃいたくもあるだろう。私はそうは思わないが。

 鉄鎚。ハンマーでもないのに鉄鎚とは是如何にと言いたくなるが、ここは神と鉄鎚を分けずに神による裁きと考えた方がしっくりくる。腐れた命に鉄鎚を、って歌があったよね。烈火嬢だけど。

鉄鎚を持つ神様と言えばトールだなーなんてことも思いついたがこことは無関係なので割愛する。

そして一方、ガンシティで書き込まれた方だ。

こちらは火事場と笛の部分は共通しているが、肉質無視の状態異常弾をただ撃つだけの一撃を示している。せっかくならば弱点を狙うなり部位破壊を狙ったした方がよほど効果的だ。

さらに付け加えると、火事場はともかく笛が攻撃大を吹いて状態異常弾をバカスカ撃つという状況で想像できるのは今の私には剛種のクシャルであると想定できる。つまり、へヴィを想定しての書き込みなのだろう。

しかも、大剣は一撃でガンも一撃だがどう考えてもガンは何発も撃つことを想定している。これは一撃というにはあまりにも軽率ではないだろうか。

関係ないが一撃さんのことを思い出した。思い出すだけで熱いものがこみ上げるのはなぜだろう。

(きっとこのネタだけで書き込みをしてくれる人がいるはずだ)


同じ言葉を扱っているのにもかかわらず、まったく違う。非常に奇妙な書き込みだ。



そして結論に至る。



この書き込みをした人はこの記事だけは見ない方がいい

ということだ。

私の場合、ベルキュロスの高高度からの一撃を



神の鉄鎚と呼ぶ。

あーはずかしいw
スポンサーサイト

Comment

コメントフォーム
このエントリへコメントを書く
(任意)
(任意)
(任意)
(必須) HTMLタグは使用できません
(任意) ID生成と編集に使用します
(任意) 非公開コメントにする

Page Top

Trackback

Trackback URI
http://crimsonguner2.blog120.fc2.com/tb.php/116-0ae5bfb8 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)

Page Top

プロフィール

MercedOne

Author:MercedOne
ライトボウガンしか使わない男です。

名前:Wolfsbane
サーバー:2
メイン武器:ライトボウガン

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

■ ブログ名:ゲームブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。