1. Top » 
  2. スポンサー広告 » 
  3. ファルコンの行方
  4. 未分類 » 
  5. ファルコンの行方

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Genre:

ファルコンの行方

西暦21XX年。


増え続ける世界人口により深刻なエネルギー不足に直面した人類は
宇宙空間にその解決策を求めた。


「ソテル計画」
国際研究機関「GRF」による、太陽系全域を対象とした
新資源探査プロジェクトである。


軌道上の巨大研究施設「エイオース」を軸として行われたこの計画は、
10年の後、ついにある物質の発見をもって実を結ぶ。


「ニュード」――そう名づけられたその物質は、
高いエネルギー価値と、自己増殖性を併せ持つ性質から、
エネルギー問題への救世主として脚光を浴びる一方、
人体への高い毒性という負の側面はGRFによって隠蔽された。


そんな折、エイオースを襲う突然の爆発事故。
爆散した施設の一部とともに、
貯蔵されていた大量のニュードが地上に落下してしまう。


ニュードの毒が地上を蝕み、恐怖と不安におののく人々。
他組織へのニュードの拡散を恐れたGRFは、大規模な回収作業を開始する。


一方、事故によるGRFへの不信感は国際的な抗議運動へと発展し、
反GRF組織「EUST」が発足。
ニュード汚染の除去と平和利用のための活動に乗り出す。


ニュードを奪い合う2組織の対立は、
ついに二足歩行型汎用兵器「ブラストランナー」と
その搭乗者「ボーダー」を使った武力衝突に発展。



(BORDER BREAK ガイドブックより)




久々の2次創作です


注意!

原作、ボーダーブレイクの2次創作ですが、私独自の解釈、設定が多めに登場します。
ご意見、ご感想はコメント欄ならびに拍手欄で常時受け付けておりますので、反応いただいたら非常に喜びます。




散発的に戦闘の音楽が聞こえる。

ブラストランナーの咆哮、ボーダーたちの生きる音と死ぬ音。


それらを遥か上空で聞きながら、一人のボーダーがブラストランナーの体内で瞑想していた。

ニュード技術の戦争利用は戦闘の様式をさながら銃火器が登場する以前の戦争のように白兵戦を主軸とした戦争へと変化させた。

しかし、兵士が身に付けるのは銅の鎧ではない。

最新技術の髄を集められた現代の鎧。ブラストランナー。

ニュードを存分に使い、操縦者の意のままに動くその鎧を駆る戦闘。それは以前のような火力だけで敵地を殲滅させるような戦争は過去のものとなった。



ニュード技術はステルス技術にも応用され、電波も光でさえも一切通さない。つまり、全く存在を消す事が可能な輸送機が、空を平気で飛ぶことができるのだ。



輸送機が、その身に戦士を搭載し、ある戦場へ向かっていた。鷹のマークがデザインされたそれは、現在ニュードにより全く存在しない状態であった。


星は瞬き、地上で繰り広げる醜い争いをあざ笑うかのように見つめていた。


「ファルコンの行方」



「目標地点です」

鈴が鳴るような声だった。どこも・・・GRF、EUST両方という意味と同列であるが、いつの時代、どこでも戦場通信兵というのは若い女性が勤めるというのは変わらなかった。


「あぁ」


オペレーターの声と正反対・・・低く、威圧的な返事だった。声の主は、黒髪をボサボサに生やした、顔も精悍、といえばよいのだが、目つきが悪い事もあり、簡単に説明すればヤクザ映画の用心棒・・・という顔つきの男だった。着流しを着れば、それなりに様になるだろう。

しかし、顔つきとは打って変わって男の経歴は華々しかった。

男は自分を『ローニン』と他人に呼ばせていた。

ローニンは、15になるまでは少なくともこの時代の一般水準の家庭よりはそこそこ裕福な家庭で育った。そのころから目つきが悪かったわけではない。家業は不明だが、自家用ブラストランナーを持つ家庭はそう多くはない。彼はそんな裕福な家庭環境で、ブラストランナーの才能を遺憾なく発揮できた。

ブラストランナーをスポーツとして楽しむ国は多い。

彼が嗜んでいたのはブラストランナーのレスリング「ブラス・ドール」だった。

ローニンの名前ではないが、当時、彼はブラス・ドールでかなりの腕を見せていたことが、資料として残っている。

兄弟の有無は不明、彼の持つデータによれば、15の誕生日から数日後、天涯孤独となる。この時代の人々には珍しくない。隣人がテロリストになって家を襲撃するという事件が多発した時期だった。



「・・・」

ローニンは時折、ブラストランナーに搭乗すると、裕福であった過去を思い出していた。

そして、それらを全て追い出す。


「聞こえる?ローニン」

先程のオペレーターだった。単発黒髪で眼鏡。ローニンとは同郷だった。

「あぁ、秘匿で伝えたい事でも?」

頬を赤らめ、オペレーターがスクリーン越しの昨晩の恋人を見る。

「一晩きりは、いやよ」

「・・・・」

オペレーターとボーダーが、そういう関係になるのは珍しくない。現に、彼は複数のオペレーターと関係を持った事はあるし、オペレーターたちも多くのボーダーの身体を知っていた。

しかし、昨晩の様子からすると彼女は初めてだったようだし、ローニンはばつが悪そうにオペレーターを見る。

「生きていれば、わからない」

それだけ言うと、秘匿回線を切る。恐らく向こうは膨れっ面をしていることだろう。その表情はたまらなく愛おしかったので、生きて帰る理由の一つができた。

戦場のメロドラマの時間は終わりだった。

ローニンは任務内容を確認する。


戦場はスカービ渓谷の外れを進軍するEUSTの部隊へ、ちょっかいをかけることだった。出撃後、遊撃して敵軍の進軍を邪魔する。その後、合流地点にてGRFの部隊と合流し、彼らの基地へと帰還する。そこで、この輸送機へ戻る。

「オールグリーン、出撃する」

ブラストを噴射しつつ、戦士が、地上へと舞い降りた。


彼らのチーム「ファルコン」は、どちらの軍にも属さない、傭兵チームとして戦闘に参加していた。新出のチームなのでまだ装備は貧弱だった。

クーガー?型。

多くの傭兵たちが使う、最も汎用性の高く、安価なブラストランナー。クーガー社の誇る主力商品。それがこのクーガー?型だった。




この戦場での多くがこのクーガー?型であり、ローニンの機体もクーガー?型であった。


素早く索敵し、目の前に突出して進む敵機を発見する。

トリガーを躊躇せずに引く。

ローリンのクーガー?型の装備は強襲兵装であった。しかし、普通の強襲兵装にあるはずのグレネードラックとソードがない。2本のナイフとポール背中にマウントされている。左腕には、シールドが装備されていた。

サブマシンガンから数発、弾丸が吐き出される。

M90Cマシンガン。サイレンサーを装着しているため、消音性が高められていると思われがちだが、サイレンサー型のバレルに霧状のニュードを発射する弾丸へ吹きかけるため、弾丸は一時的にその影響で初速がブーストされる。

効果は、射程の伸びと集弾性向上である。しかし、その機能の複雑さのため、威力が減る事が問題であった。


弾丸が数発命中し、敵は散発的に反撃しつつ、後退していた。相手も強襲兵装なのか、その去り際も卒がない。

「それが定石だ」

ローニンも深追いしない。敵も反撃しない。お互いが傭兵なのだ。お互いの仕事さえ、無傷で出来ればそれに越した事はない。

ローニンはサブマシンガンのマガジンをバレットタンクへと挿入する。

バレットタンクには、大量の弾丸が納められている。このバレットタンクにマガジンを入れると、残弾を全て取り出し、再び満タンにして吐き出される。

装填を完了したサブマシンガンを油断なく構えつつ、ローニンは、機体を素早く移動させ、敵部隊側面へと移動させる。移動にはブーストは使わず、徒歩だ。ブーストの光は目立ちすぎた。





程なくして、支援兵装の機体を発見する。向こうは通信のためか、こちらには気付いていない。

「やるなら・・・今か」

ローニンは静かに、機体の武装を切り替える。

背中から、ナイフを抜く。逆手に持ち、静かに忍び寄る。

「!!!」

敵機背中、首元から胴体にかけて、一気に突き立てる。

ナイフを抉るように突き刺し、中をかき混ぜる。

「悪く思うな、戦争だ」

生存しているのかも分からない相手へ告げる。もちろん、生存していない方が好都合である。


「!!!」

戦闘の音が聞こえる。進行中の部隊ではないが、警戒されるのは厄介だった。とにかく、今すぐに敵へ打撃を与えなければならない。

「さっさと終わらせるか・・・」

アサルト・チャージャーを作動させる。

死ぬつもりはない。手順も、手管も既に頭の中にある。あとは生き物のように流動的に動く戦場の中で、自分を冷静に見つめるだけだった。先程殺人を犯しておきながら、次の瞬間にはより大量殺人へ考えをめぐらす。

ローニンの顔には、微笑が浮かんでいた。

この男が笑うのは、戦場でのみ。そして、このように殺人を犯したときのみだった。


















「お疲れ様」

疲労困憊しきった顔に、冷たい缶コーヒーが当てられる。

「・・・」


「どうしたの?」

童顔が覗き込む。反応がなく、つまらなさそうにする。

「あぁ、全く、俺には楽しいね」

「?」

誰ともなく、呟く。理解できない傍らの女性には、まだこの時代が、狂っている事を理解するだけの現実が足りなかった。

「俺は、もしかしたら戦記モノの、主人公になってしまうのかもしれない」

運命を嘆く男の、物語が始まった。

第?話「HALLOW THIS MAD WORLD」


スポンサーサイト

Comment

また覗いてみたら、もうSSがΣ(*゚д゚*)
早速読ませて頂きました~♪♪

いやはや、こちらはベテランタイプのおじ様ですか?(おじ様言うな
中々に渋い方ですね!
状況も把握しやすくて、表現もとても分かり易かったです(*´ー`*人)
ニュードの存在がイマイチ、私の中では分かっていなかったので適当に解釈していましたが(マテ
なるほど、と納得してしまいました~(o'∀'o)ホゥー

第Ⅰ話と言う事は、続編が∑(・ω・*)
楽しみにさせて頂きますです<(_ _)>マテ

  • ■リド [#-] |
  • URL |
  • 2009 10/04 (Sun) 00:05

おはやい反応、嬉しい限りです。
続編は最新の記事の通りです。

読み返してみると確かにおじ様ですよね。

きっとピーターパンなんでしょう

  • Wolf [#ldSHJ4vM] |
  • URL |
  • 2009 10/04 (Sun) 00:36
  • Edit
コメントフォーム
このエントリへコメントを書く
(任意)
(任意)
(任意)
(必須) HTMLタグは使用できません
(任意) ID生成と編集に使用します
(任意) 非公開コメントにする

Page Top

Trackback

Trackback URI
http://crimsonguner2.blog120.fc2.com/tb.php/148-82a5ae4a この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)

Page Top

プロフィール

MercedOne

Author:MercedOne
ライトボウガンしか使わない男です。

名前:Wolfsbane
サーバー:2
メイン武器:ライトボウガン

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

■ ブログ名:ゲームブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。