1. Top » 
  2. スポンサー広告 » 
  3. 最近になってモンハンの小説を中古で購入、HRが低い頃を思い出し涙・・・アッパーブレイズの強さにも涙・・・
  4. 第1部 ポーチャーハンター » 
  5. 最近になってモンハンの小説を中古で購入、HRが低い頃を思い出し涙・・・アッパーブレイズの強さにも涙・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Genre:

最近になってモンハンの小説を中古で購入、HRが低い頃を思い出し涙・・・アッパーブレイズの強さにも涙・・・


どうも、Wolfです。

最近某動画サイトで、MHFの動画が熱いようです。

動画作成のスキルなど皆無に等しい私なので、指をくわえてみていることしかデキマセン。

さてさて、今日も密猟ハンターは一体どのような冒険をするのでしょうか・・・?


008-00.jpg





「無理だ!!」



猟団員に誘われて、Wolfは最近追加されたクエストへ向かった。


依頼内容は、こうだった。


「いやぁー、養殖してたガミザミが急にショウグンギザミになっちゃってねぇ・・・」

ある、ガミザミ養殖を営む親父の言である。

「いや、それはおかしいだろう・・・」

だれもがそういうが、その親父はこうも言った。

「ガミザミ、アンタも食べるだろ?鍋とか、ザミ鋤とかで・・・」




「俺は食べたこと無いけどな、ザミ鋤なんて」

「俺もだぜHAHAHAHA」


何て軽口を叩きながら、猟団員は皆、軽い気持ちでこのクエストを受注する。

それもそのはず、相手は10匹とはいえ、ショウグンギザミである。

前回述べたように、ショウグンギザミの被狩猟数は想像もつかないほど多い。

それだけ、多くのハンターにとっては馴染みのモンスターである。


しかし、そこに油断があった。



「時間が足りないぞ!!!」




008-01.jpg




「ってなわけで、こうして俺は作戦を練ってるわけだ」


「ホント、変なクエストしか受注しないね」


彼女は彼が持つ【マイトレ】と呼ばれる小さな牧場の管理人である。

名前は「ダニエル」

そのまるで男性のような名前から、幼少の頃はよく近所の同年齢の子供たちにいじめられたと言う。

彼女がこの男のマイトレの管理人になった経緯は後々語るとして、今はショウグンギザミの問題である。


「どう思う?このクエスト」

「クリア自体は、皆さんがハンマーを持って殻を壊さずに脚を狙っていけば、余裕だと思うよ」

「ふむ・・・」

「その時必ず、頭に誰かが張り付いたほうがいいかも。スタンさせればそれだけ早くクエストクリアできるし」

「なるほど、俺もハンマーを新しく作ったことだしな」


そう、彼女のハントに関する知識はWolfのそれを超えるほどのものなのだ。だからこそ、彼はクエストに行き詰ると、こうして彼女に助言を請う。



「それにしても、何でうちのプーギーは、こんなに真っ赤なんだ?」

「まっかっかっかっか?も?えてるさ?」

「そこだそこだそこだ?ってやつか。説明になってもないな」

「それよりも、Wolf」

「ん?」


「ツンデレ、好きなの?」


「へ?」


「いや、この方がそう言ってたけど」




008-02.jpg



「・・・・」


「そこの崖から、捨てといてくれ。もしくは、燃えないゴミにの日にでも・・・」

「ツンデレ」


「う・・・わかった、今度ちゃんとゲネポスの鱗、もってきてやるから・・・それで勘弁してくれ」



やれやれ、とぼやきながら、彼はハンマーを背負い、猟団部屋へと向かった。



008-03.jpg



「おりゃあ!!」


「どりゃあ!!」


やはりハンマーを使うと気合の入り方が違う。まさに漢の武器だ。


008-04.jpg



「こうも、違うものなのか・・・・」



9匹討伐の時点で、残りは19針、余裕にも程がある。




「まぁ、やり方さえ心得れば、簡単なもんだな」


008-05.jpg



報奨金も、かなりの量だった。


やはりガミザミ養殖と言いながら、むしろショウグンギザミの養殖をやっていたのではないか、とWolfは考えた。

中級ハンターにとってショウグンギザミは自分の腕を磨く上でも、報酬をもらう上でも、非常に重宝する。

おそらく、その数が激減したため、養殖や保護を行ったが、今度は逆に数が増えすぎたのだろう。もしかしたら本当に、ギザミを使った料理も出てくるかもしれない。




「種の保存ね・・・難しいことは、ハンターには無用であったもらいたいもんだな」


Wolfは、そう言う。そして最近買った小説のこんな節を思い出す。

『ハンターは、ただハンターであることが一番難しい』

密猟者にとって、その節はあまりにも図星であり、同時に懐かしさを感じずにはいられなかった節だった。















オマケ



008-06.jpg



追加報酬の毒入りたる爆弾を喰らい、そのあとで大タルG2を喰らった二人の図。

運用にはご注意を




以下コメ返信


>>MANA さん

あれは本当にいいゲームでした。新説?なんですかそれ?


>>Daran さn

たしかに、エンペラーサイズ・・・いや、ドレットノートサイズでいいんじゃないですかね?G級的な意味で・・・超弩級ってやつですよ


>>一撃 さん

友達登録、完了しました。私のプロフ画面がそっちの画面に・・・w


>>スピロス

私の場合、女神転生?の絵か、魔神転生のグラフィックが一番好きです。

・・・回顧厨ってレベルジャねーぞ!

スポンサーサイト

Comment

新たなツンデレラーを( ̄ー『+』)発見!!

ようこそ~^^

ツンデレ推奨同好会 カズピエロでした~♪

  • カズ・ピエロ [#-] |
  • URL |
  • 2008 03/08 (Sat) 16:52

ザミ鋤・・・思わず読めなくて辞書で調べましたw こんな字だったとは。
私らも団で3人でやってみたんです。100↑2人、40↓1人の構成で。45分フルに闘って結果4匹www チケット10枚返して・・・
毎度毎度面白くて、ニタついておりますwグッドパンツ!

  • 一撃 [#-] |
  • URL |
  • 2008 03/08 (Sat) 19:00

この自爆時友人宅で集まってまして、ギャラリーを背にプレイしていたのですが……初めて見る横タル爆弾や大タルG2、毒タル爆弾に場は大爆笑でしたw

  • MANA [#-] |
  • URL |
  • 2008 03/10 (Mon) 03:35

そういえば最近ショウグン狩ってないなぁw
昔は絶滅するんじゃないかってほど狩りましたよ^^
養殖されても不思議ではないですなw

  • Daran [#-] |
  • URL |
  • 2008 03/10 (Mon) 22:30

初コメントさせていただきます^^前々から楽しく拝見させていただいてました。
ショウグン10匹・・・今私のクエスト装備はギザミです^^もうこれはHR17から変ってません!!旧時代的にはいい装備だったのに・・・

ショウグンはもう絶滅危惧種です!!(笑)

  • AGITO [#-] |
  • URL |
  • 2008 03/11 (Tue) 00:43

恐ろしい 気配がする

この場所に とどまりますか?

本当に とどまりますか?

… ヒマジン スピロス が現れた!

退団ペナが明けたので、申請を出したのですよ。
つまり、コンゴトモ ヨロシク!

  • スピロス [#-] |
  • URL |
  • 2008 03/11 (Tue) 05:34

バケツガンナー は しょうたいを あらわした!

  • バーレット [#5WLiv/kM] |
  • URL |
  • 2008 03/12 (Wed) 01:17
  • Edit
コメントフォーム
このエントリへコメントを書く
(任意)
(任意)
(任意)
(必須) HTMLタグは使用できません
(任意) ID生成と編集に使用します
(任意) 非公開コメントにする

Page Top

Trackback

Trackback URI
http://crimsonguner2.blog120.fc2.com/tb.php/60-336385ce この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)

Page Top

プロフィール

MercedOne

Author:MercedOne
ライトボウガンしか使わない男です。

名前:Wolfsbane
サーバー:2
メイン武器:ライトボウガン

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

■ ブログ名:ゲームブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。