1. Top » 
  2. スポンサー広告 » 
  3. MGSGBを久しぶりにプレイ。時系列的に考えてもパラレルでしかありえないという・・・。大佐の過去がある意味メインなので大佐ファンはプレイをオススメ。但し、中古で買うとVRやその他シークレット要素が消せないために見られないと言う事実も・・・。
  4. 第1部 ポーチャーハンター » 
  5. MGSGBを久しぶりにプレイ。時系列的に考えてもパラレルでしかありえないという・・・。大佐の過去がある意味メインなので大佐ファンはプレイをオススメ。但し、中古で買うとVRやその他シークレット要素が消せないために見られないと言う事実も・・・。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Genre:

MGSGBを久しぶりにプレイ。時系列的に考えてもパラレルでしかありえないという・・・。大佐の過去がある意味メインなので大佐ファンはプレイをオススメ。但し、中古で買うとVRやその他シークレット要素が消せないために見られないと言う事実も・・・。

文章を簡潔に、解りやすくするのが難しい、という例です。今回の題名は。


それでは、続き、行ってみましょう!




「Spree of the ancient Dragon」



「不味い事になったな・・・」



Wolfは、ここのところ連続で来る古龍たちに頭を悩ませていた。


謎の古龍、浮岳龍ヤマツカミ


009-05.jpg




焔を纏いし古龍、炎王龍テオ・テスカトル


010-01.jpg




甲殻種にカテゴライズされていながらも古龍と共に街に現れた砦蟹シェンガオレン


010-02.jpg




そして・・・


「何匹いるんだ!!」


風を纏いし古龍、鋼龍クシャルダオラ。

体が錆びたようになっているのは脱皮前の姿・・・つまり、まだある程度未熟な状態とも言える。

しかし、今回街にやってきたクシャルダオラの数や大きさは、異常だった。





010-03.jpg




「これは、やばいかもしれんね」


独り呟くWolf。


ここのところの連戦で、背中に背負う大剣、ミラアンセスブレイドは疲弊していた。

いくら祖龍素材で作られた剛剣とはいえ、まともに手入れも出来なければ切れ味も落ちる。

それは、今回の襲撃がまさに激戦続きであったことを大いに物語っている。


010-04.jpg


「やったぞ!これで5匹目だ!!」

多くのハンターたちが、クシャルダオラに立ち向かい、勝利をもぎ取っていく。


「しっかりして!ねぇ!!!」

しかし、もちろんその中には志半ばでその命の灯火を散らすハンターもいる。


「おい!Wolf!!!」


男が彼に近づく。工房の親父だ。現在Wolfは酒場で食事を取っている。

ハンターとは言え、人間は腹が空く。古龍が進撃しているとはいえ、酒場はハンターにとって食事を取る場所だ。クエストもそこで受注するし、そこから直接古龍へ立ち向かうハンターがほとんどである。だからこそ、酒場は全力で営業中なのだ。




「どうしたんだ?工房に戻らないと、仕事は山積みだろ?」


ストロベリーサンデーにスプーンを刺しつつ、Wolfは言う。


「お前なぁ・・・ハンターのクセに、エラく子供っぽいもん喰ってんな」

クシャルダオラの素材を古代の秘伝メモを使って作られた兜には、口部分が開くギミックになっているため、食事も簡単だ。

Wolfは苺を一口で、クリームを口周りにつけないように器用に食べる。


「いや・・・俺も普段はこんなものは食べないんだけど、この装備をしていると何故かな・・・」


「あぁ・・・伝説の悪魔退治屋を模して作られたってやつか・・・」


そのことに関しては密猟者Wolfの記録からさがして欲しい。

「ただな・・・確かに、この装備なら古龍と何度やっても戦えるほど力が漲るんだけど・・・」

「もう、限界だな。その剣は。一度オーバーホールに出したほうがいい」

「やっぱそうか・・・」

いくらミラアンセスブレイドとはいえ、強固な鱗で覆われた古龍を、それもすさまじい力で振り回されれば疲弊し、使い物にならなくなる。


「強化、できたよな?・・・あの・・・」


「祖龍聖剣(暁)だ、あれは・・・やめとけ。お前が使っても、使いこなせないだろ」

「そうなのか?」

「お前さん、剣を振り回すときにこうやって叫べるか?」

工房の親父が、息を吸い込む。


「アンセスゥゥドラゴニックセイントォォォォブレイドォォォ!!!」



酒場の人間が、皆Wolfたちをを見ていた。


「叫ばなきゃ、だめなのか?」

「それが、必殺技だ」

「・・・俺には、無理だ」

「だからな・・・とっておきを・・・」


「キャァァァ!!!」


絹を裂いた様な女性の悲鳴、暴漢が現れたわけではない、外からの悲鳴だ。



「さて・・・行ってくる!」

「お・・おい!ちょっとまて!!」

剣を掴むや否や、Wolfは酒場を飛び出る。そこには


010-06.jpg



「・・・・でかすぎだろ」


おそらく、このクシャルダオラの大群を率いているボス各のクシャルダオラだろう。


普通の2倍以上のサイズだ。











・・・・・



・・・









010-05-5.jpg








「ちぃっ!!」


思わず舌打ちをする。


攻撃が通った瞬間、剣が欠けた。限界を超えたのだ。

「まだっ!!」


後は重量で、鈍器のように殴り倒すしかない。もう刃も潰れてしまっている。







「やっぱ、そうなったか。それはこっちでオーバーーホールに出しておくぜ」

「あぁ、すまんな」

無事に巨大なクシャルダオラを下し、工房へ向かったWolfは剣を見せるなり、そう言われた。

「あと、お前さんに内緒で、素材、使ってやったぜ」

「・・・・はぁ?」

「こいつを見れば、怒る気もなくなるってもんよ!!!」

工房の親父の言うとおり、彼はそれを掴むや否や、また再び街を襲う龍へと向かっていった。




010-05.jpg




彼の背に負われているのはカイデンブレイド。

大量の古代メモと、ギルドで作られた(発掘されたという噂も)コインとを使った非常に高価な剣である。


だがその分、破壊力は他の大剣を圧倒し、単純な破壊力だけなら、あの祖龍聖剣(暁)と同等、達人であればそれ以上の強さを発揮する剣である。




切れ味も、並みの大剣とは違う。強固な鱗に覆われたクシャルダオラを、確実に。正確に傷つける。



クシャルダオラが顔を上げる。

Wolfはすかさず、大剣を盾のように構え、クシャルダオラのブレスに耐える。

 

大剣には傷一つ付いていない。

 

攻撃が命中するたびにクシャルダオラの血飛沫が飛び散る。

 

だが、それでもクシャルダオラは執拗に、ハンターたちと戦う。

 

まるで戦うことが自分たちの存在を誇示しているかのように、必死になって戦う。

ハンターも、それはまったく同じだ。

ハンターの存在意義は、狩る対象であるモンスターが存在することである。

狩って、狩られて。もしかしたらハンターとモンスターは、種族は違えど、その点で言えばまったく同じ存在なのかもしれない。



010-07.jpg

 

戦いは、終わった。全ての古龍の撃退に成功し、街は何とか形をとどめていた。

 

 

倒れたクシャルダオラの眼には、未だその闘争心が漲っていた。

そんな眼を見て、Wolfは思った。

 

「(俺たちは、何をしてるんだろうな、狩って、狩られて・・・永遠の闘争の果てに、一体何があるって言うんだ・・・)」

 

 

 

 

010-08.jpg

 

 

マイトレに戻ると、そこにはダニエルが待っていた。数日空けていたのにも関らず、マイトレの管理はしっかりとされていた。彼女のおかげだろう。

 

 

010-09.jpg

 

近づいても、ブタが脚に擦り寄っても起きない。

 

「やれやれ、困った管理人だな、なぁ?」

 

Wolfはブタに向かい、首を振る。

 

010-10.jpg

 

「・・・起きたら、ストレベリーサンデーでも奢って貰うか」

 

そう呟き、月を見る。月は、輝いていた。

 

月の光に反射し、カイデンブレイドが鈍く光る。

 

 

それはまるで、月でも斬ってやるさと言わんばかりの、誇り高き光だった。

 

 

 

第10話 「完」

 

 

 

 





以下コメ返信

>>Daran さん

URL、ありがとうございます。シェンは街に来た時ぐらいしか狩ってませんwだって砦のシェンは面倒だモノ。時間的な意味で


>>バーレット さん

火事場で行きますね^^←死亡フラグ

ランスで行きますね^^←これも一撃死フラグ


>>一撃 さん

スカルも結構怖いですね。

クシャルは顔が近いと無表情で怖いですよ。特に女性版は

しかし一撃さんの暁装備も怖い・・・龍耐性的な意味で


>>AGITO さん

ヤマさんはあのあとスタッフがおいしくいただきました。

ボーカルが自分で自分のおっかけを口から出すのは反則かと・・・


>>
スポンサーサイト

Comment

長文お疲れ様です、楽しく読ませてもらいましたぞ。
段々綺麗な終わり方になってきましたなw爽快でGJです!
ギミックな口を想像すると、南極2号が浮かび上がってくる私は、もうだめかもしらんw

  • 一撃 [#-] |
  • URL |
  • 2008 03/19 (Wed) 12:22

カイデンいいなぁw最近背負ってる方をよく見かけます^^
優秀な密猟者たるもの、近接戦にも長けていなければいけませんよねw
華麗なCQBでホールドアップさせちゃってくださいw

  • Daran [#-] |
  • URL |
  • 2008 03/20 (Thu) 05:49

↑ホールドアップってw間違い^^;
華麗なCQBで無力化させちゃってくださいなw

  • Daran [#-] |
  • URL |
  • 2008 03/20 (Thu) 05:51

次女いいな~^^
俺も次女がよかった~(ノд・。) グスン 三女こころが性格きつくってきつくって・・・ダニエルは反則です・・・

こんなに錆クシャを狩って、飽きたでしょうに・・・
長文お疲れ様でした( ̄∇ ̄ノノ"パチパチパチ!!

  • AGITO [#-] |
  • URL |
  • 2008 03/20 (Thu) 17:27
コメントフォーム
このエントリへコメントを書く
(任意)
(任意)
(任意)
(必須) HTMLタグは使用できません
(任意) ID生成と編集に使用します
(任意) 非公開コメントにする

Page Top

Trackback

Trackback URI
http://crimsonguner2.blog120.fc2.com/tb.php/62-52c21d83 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)

Page Top

プロフィール

MercedOne

Author:MercedOne
ライトボウガンしか使わない男です。

名前:Wolfsbane
サーバー:2
メイン武器:ライトボウガン

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

■ ブログ名:ゲームブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。