1. Top » 
  2. スポンサー広告 » 
  3. ペルソナ4が出たってばよ!
  4. 第2部 髑髏潮流 » 
  5. ペルソナ4が出たってばよ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Genre:

ペルソナ4が出たってばよ!

メガテン4なら予約してでも手に入れてましたが、私はP3を未プレイなので、新世代ペルソナは・・・


ペルソナといえばそうそう、アニメのペルソナ鳥煮亭が終わりましたね。

内容自体は結構好きな感じだったんですが、一つだけ!言いたいことが!!


ペルソナは大人になると使えなくなる・・・って設定らしいのですが

パオフゥは!?半神ファンのあのおじさんは!?


そう、彼はきっといつまでも少年の心を忘れない、すばらしいペルソナ使いなのでしょう。


さて、前フリもこんなところにして、さっさとシーズン3.0のネタも書かないとね!長編、完結編、どうぞ

衆目に曝されるわけにはいかない。こんな姿を・・・。



街までの道のりは、決してラクではなかったが、さりとて簡単ではなかった。

とにかく、この付いてきている少女にハンターとしての知識が全く備わってないことが、大きな障害となっていた。



「しかし、なんでハンターなんかになろうとしたんだ?」

街まで、あと半分ほど進んだ。それまで大型のモンスターには出会っていない。もちろん、同業者にも。

「なんで教えなきゃいけないの?」

彼女は質問を質問で返す・・・。これは、最初から否定・・・と言う意味の返答だろう。

「俺が色々教えてやっただろう。俺はそれに対して疑問を持ってないぞ」

「・・・じっちゃんに頼まれたからでしょ?」

目の前の赤毛の少女は、ハンターになるに足るほどの腕力や根性はある。前回も言ったが基礎はできているのだ。しかし、知識がまるでない。ランポスを見て珍しがるほどだ。俺だってハンターについての知識は完璧とはいえない。しかし、そんな俺から見ても、やはりこの少女の知識と来たら・・・


今は2つ目のキャンプを建て、休憩している。俺たちは焚き火を囲い、食事を終えたところだ。

俺の傍にはライトボウガンが立てかけられている。サンドフォール、古い型だが整備も万全、弾もそろえるだけは揃えた。


彼女は片手剣を持っていた。しかしそれもハンターナイフから派生できる剣で、初心者丸出し・・・といったところだろう。

「・・・ある人を、探してるの」

少しの静寂の後、彼女が口を開く。あぁ、だろうな。それは言いにくい。どうやら恋人か何かがいるんだろう。そいつがハンターになった・・・。人間も、竜人族も同じなんだ。


「・・・それでね、」

「待て」

俺はその後の言葉を制止し、ボウガンを握る。近くに大型のモンスターの気配がする。

「匂いなら、しないけど・・・」

彼女は鼻が利くらしいが、そんなものよりもやはり長年ハンターとして培った感覚のほうがはるかに信頼性がある。俺は、そうして生き残ってきた。


「来るぞ!!」

キャンプをなぎ倒し、赤い塊が降って来る。


「イァンクック!?」

「よかったな!初心者にとっては師匠みたいな奴だ!」


俺はボウガンを構え、弾丸を装填する。確かに、彼女の訓練をするのも構わないが、俺は早く戻らねばならない。俺は釣りや採取などで得た素材から作った拡散弾を装填する。



「吹き飛べ!」

反動が酷い。普段は反動を軽減する装備をしているため、気にならないが、今は何も装備していない。腕が吹き飛びそうだ。



「あぶない!」


少女が片手剣を振るい、俺の周りのランポスやランゴスタを仕留める。まぁ、俺は大丈夫なんだけどな。






程なくして、イァンクックが大地に崩れる。楽勝、だったのだが、彼女にとって初めて狩らしい狩をしたんだろう、その感動は本人にしかわからない。









「ありがとね、落ち着いたら連絡するわ」

「別に構わん、それに恋人が勘違いしたら困るだろう」

ここからはもう街が見えている。俺は顔が見られるわけには行かないので、少しはなれたところで彼女と解散することにした。


「バカっ!別にあんなやつ、恋人じゃないんだから!」

その反応が、何とも言えない。とにかく、依頼、完了だ。








そして、どうやって街の中に入るか・・・だ。これは・・・と悩んでいるところに、あるものを見つけた。

「・・・これを被れば・・・」


街が妙に賑わっている。仕事だって山のように来るだろう・・・そう、この試練さえ乗り切れば・・・。








全く、普通にfc2動画でやればいいのに・・・無駄に動画が潰れてしまっている。まぁ、初めてなんで失敗して当たり前か。そもそもこれはテストみたいなもんだしな。

なんとか戻ることが出来た。そしていつものスカルフェイスを被り、マイトレ管理人からポインツをもらう。

「今までどこ行ってたの?心配したよ」

「あぁ、ダニエル。チャント管理・・・してなかったんだな。草が生えまくってるぞ」

「あ・・あははー、そりゃあねー。それよりも、大変なんだよ!!」

「何だ?団長のIDがBANされたか?それとも友情が廃止されたか?」

「砂漠に、とんでもない奴が現れたんだ!!」

「豚でもない・・・?プーギーじゃなかったら、ドスファンゴ変種が発見されたのか・・・?」


とりあえず、長編、完
スポンサーサイト

Comment

ツンデレだーーーーーー!!!(≧∇≦)b

別にツンデレ好きじゃないんですけどね…まさかホントにツンデレになっているとは思いませんでしたよ!!

それはともかく長編お疲れ様でした^^勝手ながら憂鬱録をリンク&ブロとも申請させていただきました!!

そして…ダニエルをこっちに渡してもらおうか!!

  • AGITO [#-] |
  • URL |
  • 2008 07/11 (Fri) 23:29

>>AGITO さん

だが断る

ぉー、ブログですか。訪問できてたんでちょくちょく見てました。

それでは、こちらもリンクしますかね・・・。


もちろん答えは聞かないッ!

  • Wolf [#WELU8lvg] |
  • URL |
  • 2008 07/14 (Mon) 00:16
  • Edit
コメントフォーム
このエントリへコメントを書く
(任意)
(任意)
(任意)
(必須) HTMLタグは使用できません
(任意) ID生成と編集に使用します
(任意) 非公開コメントにする

Page Top

Trackback

Trackback URI
http://crimsonguner2.blog120.fc2.com/tb.php/76-8310a61d この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)

Page Top

プロフィール

MercedOne

Author:MercedOne
ライトボウガンしか使わない男です。

名前:Wolfsbane
サーバー:2
メイン武器:ライトボウガン

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

■ ブログ名:ゲームブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。